ビットコインって何?知らないでは済まされない仮想通貨

仮想通貨

最近、ビットコインを始め、仮想通貨が話題になっていますが、アナタは仮想通貨は何と言われたら、ちゃんと答えられますか?

私も、昨年の8月ぐらいから「流行に乗らなくては!」と思って、それ以降猛勉強しています(笑)

あわよくば、ビットコインでひと儲けできたらなって思っています。

(実はすでに30万ぐらい儲かりましたけど(*´艸`*))

ってことで、今回は、話題のビットコインの基礎中の基礎知識について解説します。

(ちなみに、ブロックチェーン、マイニング、ウォレットのなどの技術用語については後日解説します。お楽しみに~)

 

今話題の仮想通貨って何?

初めに、そもそも仮想通貨って何なんだよ?ってところから簡単に解説します。

仮想通貨を一言で表すと、電子マネーの親戚みたいなものです。価値のやり取りに紙幣や硬貨などの「モノ」を使わない通貨のことです。

しかし、仮想通貨は、電子マネーとは決定的な違いはあります。それは、価値がデジタル(仮想中)で完結するところです。

例えば、電子マネーのSuicaは、結局通貨の円を電気情報にしているだけで、元の電子マネーとしての価値は円(紙幣や硬貨)にあります。

一方、仮想通貨は、お札などモノに価値を移すことができず、全てデジタル(仮想)で完結します。

だから、実在しない、バーチャルな通貨として、仮想通貨って呼ばれています。

他にも、デジタル通貨とか、暗号通貨とも呼ばれたりします。

(厳密には、暗号通貨は違う意味ですが、同意義で使われることが多いみたいですね。)

 

仮想通貨って何が便利なの?メリットは?

仮想通貨の最大の特徴でメリットは、お金の取引が直接本人同士でできることです。(これを基本理念として発明されたものですが、実際の取引では取引所が仲介することが多いです。)

通常のお金のやり取り場合には、銀行などの第三者機関が入ります。そのため、取引するときには、必ず手数料がかかります。

一方、仮想通貨は世界中の誰でも直接取引することができます。そのため、世界中どこでも、送金することが短時間、かつ、低コストですることができます。

しかし現実には、仮想通貨取引所という第三者機関を経由して取引をしています。取引所の役割は、買いたい人、売りたい人を仲介したり、仮想通貨を一時保管したりすることです。

(ちなみに、この取引所が仮想通貨に関する問題の大半を引き起こしているといっても過言ではありません。この事は、次の項目で簡単解説します。)

今現在、ビットコインを始め、仮想通貨が日常のお店で使えるようになりつつあります。例えば、ビックカメラ・マルイ・HIS・メガネスーパーなどがビットコインが決済に使えるそうですよ。

このことは、2016年に資金決済法が改正されたことがキッカケになります。この法律改正によって、ビットコインが決済に使えるようになりました。

そのため、今後、財布を持たずとも、世界各国で、スマホ一台で決済が済むようなことが可能になる日も近いかもしれませんね。

ただし、未だに大半の仮想通貨が法定通貨ではないので、価値は円のように保証されていません。この点は、まだ注意する必要がありますね。

 

ビットコインって何?

では、ここからが本題のビットコインの話に移ります。

ビットコインは、世界初の開発され、今最も流通している仮想通貨です。単位はBTCと表現されます。

2009年1月から実際に運用が始まり、独自の取引承認システム「マイニング」によってコインの発行を開始したのです。

初めの価格は1BTC当たり約0.2円程でした。その後、徐々に投資家や資産家の間で売買取引が活発となり、その価値は上昇していきました。

その結果、2017年12月時点では約220万円まで上昇してしまいました。実になんと1000万倍超え。もう訳が分からないです(笑)

ビットコインのバブルに伴い、億万長者が多く生まれたことから、こぞってメディアに取り上げられるようになりました。

そのため、さらに認知度が向上して、今現在のような「仮想通貨=ビットコイン」ってぐらいに世間に認知されたのです。

特に2017年は、その認知度が世間に定着したことから、「仮想通貨元年」とも呼ばれています。

 

ビットコインって安全なの?

では、仮想通貨って安全なお金なのでしょうか?

もちろん、価格の変動による損失は必ずあります。これは、どんな通貨や株を持っていようが起こりうることなので、この点は自己責任ですね。

その他の、仕組みとして安全性はどうなのよ?ってところについてですが、
結論から言えば、ビットコインの仕組み自体は非常にセキュリティレベルが高いです。

それは「ブロックチェーン」という独自の管理技術を採用しているためです。(ブロックチェーンの説明は後日・・・)

しかし、それでも仮想通貨が流出する危険性はあります。それは、仮想通貨取引所のセキュリティレベルに大きく依存するという点です。

アナタもご存知だと思いますが、コインチェックという大手の取引所からNEMという仮想通貨が流出する事件があったことは記憶に新しいことですね。

取引所に仮想通貨を預けていると、このように一瞬にしてなくなってしまう事があります。

そのため、仮想通貨を扱う際には、正しい知識とセキュリティ対策が必須となります。

ちなみに、今回の事件は、取引所に預けず、別の方法で仮想通貨を保管していれば、未然に防ぐことができました。(これは、ウォレットの概念を説明する時に、詳しく説明します。)

なので、ビットコインは安全なの?っという答えに対しては、△ぐらいが私の考えです。

なので、安易に大金を突っ込むことだけはダメですよ!

 

さいごに

ビットコインについて解説しましたが、ここで書いてあることは、簡単に噛み砕いて説明したものなので、厳密には意味が異なることはご了承下さい。ですが、簡単に書いたので、少しは理解頂けたのかなと思います。今後も、仮想通貨の解説記事を書いて行きますので、乞うご期待下さいね。