ブロックチェーンって何?分かりやすく簡単に解説!

仮想通貨

仮想通貨を語る上で、欠かせない技術なのがブロックチェーン。しかし、ブロックチェーンって分かりにくいですよね。特に文系の人は。

ブロックチェーン技術は、改竄されにくい安全性の高い管理手法ということで、ビットコインや一部のアルトコインの管理に適用されています。

ということで、ブロックチェーンの仕組みや、P2P、ハッシュ、マイニング、nonce(ノンス、ナンス)などといった用語についても出来るだけ分かりやすく解説します。

ちなみに分かりやすくした代わりに厳密にはニュアンスが変わってしまう部分があるので、あくまでも雰囲気だけでも分かってもらえれば助かります。

 

ブロックチェーンの仕組みの概要

ブロックチェーンは、取引データをある単位ごとにまとめたブロックというものを鎖のようにつないで、取引を管理する手法です。

ブロックの中には、その瞬間の取引データとそれ以前の取引データが入っています。
そのため、新しいブロックを生成する時は、以前の取引データが必要になります。
この以前の取引データを使うというところが、取引データの改竄を防ぐ重要なポイントです。

誰かが、昔の取引を改竄しようとするとなると、改竄しようとする昔のブロックから現在のブロックまでを、全て一瞬で書き換える必要があります。

しかし、現実には次々と取引が行われるのでコンピュータの処理速度の追いつかず、改竄しようとしたデータは、ブロックとしては成立せずに破棄されてしまいます。

このことから、ブロックチェーンは、安全性の高い取引管理手法とされています。

 

ビットコインは管理者がいない!?P2P(ピアツーピア)とは?

ビットコインは、ブロックチェーンで取引データを記録・管理していますが、その取引データは誰が管理しているでしょうか?

例えば、日本円からUSドルへの換金のするときには、銀行が記録・管理しますよね?このパターンは中央集権的な管理媒体があるときの場合です。

一方、ビットコインでは、P2P(ピアツーピア、Peer to peer)方式で管理されています。P2Pとは、複数のコンピュータを介する情報処理の方式のことです。この方式では、中央集権的な管理媒体を介さずに、直接相手とやり取りをします。LINEとかSkypeはこの方式を採用している代表例です。

つまり、ビットコインの取引データはみんなで管理しているのです。実際にビットコインでは、マイナーと呼ばれる取引のために処理計算する方たちの各コンピューター内に、データが管理されています。また、ブロックチェーンのデータは広く一般に公開されていて、以下のサイトから見ることができます。
Blockchain

一般的に、P2Pで取引を管理するとなるとかなり難しいのですが(そりゃ各個人が勝手なことをしたら・・・収拾が着きにくいのは簡単に想像つきますよね?)、ブロックチェーンを導入することで、複数の人が管理しやすくしました。これは、ブロック生成方法に秘密があります。

 

ブロックの生成方法 ~ハッシュ、nonce、マイニング~

さきほど、ブロックはその瞬間の取引データと以前の取引データから生成されていると説明しましたが、その構成を詳しく表現すると以下の図の通りになります。

ハッシュ(値)とは、ハッシュ関数で生成された英数字のことです。

そのブロックのハッシュ値は、

①1つ前のブロックのハッシュ値
②その瞬間の複数の取引データ(の暗号値)
③nonce(ノンス、ナンス、Number used once)

をハッシュ関数に入力することで、出力の結果として生成されます。

ここで入力される値にnonceというもの出てきます。nonceは、単体では意味の無い数字なのですが、そのブロックのハッシュ値に基準を設けた場合(ビットコインでは最初に16桁の0が並ぶという条件になっている)、nonceも1つの値に決定することができます。

この時、ハッシュ値が基準に合うように、nonceを調整してnonceを計算することをマイニング(採掘)と呼びます。nonceを求める計算は、コンピューターを使って数字を総当りに変化させることで算出します。そのため、金を探すかのように手当たり次第に掘り起こしているような行為であることから、発掘を意味するマイニングと呼ばれています。

ビットコインでは、マイニングを世界中の有志の人々(マイナー)によって計算されています。このマイニングをすることで、取引データを承認することができます。ちなみに、そのブロックのnonceの計算を初めに終わらせたマイナーには、見返りとしてビットコインが与えられます。

こうして取引データを承認する度に、ブロックが次から次へと鎖のように繋がっていくのです。

 

さいごに

ざっとブロックチェーンについて説明しましたけど分かりましたか?

これでも、分かりやすく書こうと頑張ったのですが。。。まだ分かりにくいかもしれませんね^^;

まあ、仮想通貨を取引するのに絶対必要という知識ではないのですが、仕組みを知ることで今あれだけ「安全性の高い次世代の通貨だ!」といって持ち上げられている理由がなんとなく分かるかと思います。

しかし、安全性が高いといっても、実際には流出する事件が起こっています。このことについては、また別の記事で解説したいと思います。

今後は、デジタルな通貨が世の中に広まっていきますので、ちゃんとした知識を身に着けていきましょう。